トップ / 金融機関を選ぶ方法とは

金融機関を選ぶ方法とは

金融機関に相談しよう

起業

起業時の金融のアドバイスなら

起業しようと思った時に資金繰りが課題の一つになるのではないでしょうか。どこの金融機関に相談するか今後の付き合いも含めて考えていく必要があります。お勧めなのは地元の信用金庫に相談する方法です。地域密着なので大手よりはるかに親身になってアドバイスをしてくれます。窓口になってくれたら国の期間である日本政策金融公庫の創業融資といって新規に開業する会社に低金利で貸し付けてくれる制度があります。不動産担保や第三者保証人がいる場合には新企業育成貸付といって7200万円まで、担保や保証人がない場合には新創業融資制度といって3000万円まで融資してくれることがあります。直接行っても相談にのってはくれますが銀行経由ですと提出書類を用意すれば手続きしてくれるので利用しない手はないでしょう。

機関による起業に対する貢献

金融機関は様々な企業に対して融資を行っております。既に事業を行っている企業に対して融資を行うだけでなく、起業して新規に事業を立ち上げる所に対しても不良債権をあまり増やさない範囲内で融資を行うことによって社会貢献を果たす使命があります。このため、これから起業を行う所に対して、いかに安全に融資を行って企業を成長させるのかが大切になります。その方策として、既に事業を行っている企業よりも細かく経営状態をモニタリングすること、そしてそれを基に今後の方針を経営者とやり取りしつつアドバイスして企業を育てていくことが必要となります。金融機関がこれらのことを行うには担当者もそれなりの経験と実力がないと難しいですが、新しい産業や企業を作り上げるには不可欠な工程であると考えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 金融会社とはなにか学ぼう. All rights reserved.