トップ / 起業時の資金調達と金融機関

起業時の資金調達と金融機関

金融機関からの借入

起業

起業時に金融機関から資金調達

起業時に金融機関から資金調達を行いたいと思っても、その前に知っておきたいことがあります。まず実績の無い設立直後の会社に対しては銀行からの借入は困難な場合が多いです。信用金庫に関しましても銀行よりハードルは低いですが、簡単には融資してもらえません。その場合には制度融資による資金調達が最も現実的な方法です。各地方自治体にある信用保証協会によって信用保証をしてもらい金融機関から借入をしやすくします。保証料の負担はありますが無担保で比較的低金利なうえ支払利息の一部補助などもありますので、資金調達のしやすさも加味して創業時には最も利用しやすい方法であります。

起業に対する融資について

金融機関は数多くの事業会社に融資を行っております。既に事業を継続して行っている企業に対しては、過去の決算書を基に財務分析を行えば、どれくらいのリスクプレミアムを付けるのかのめどが付きやすいため条件も決めやすいです。しかし、これから起業を行うところに対してはこれまでの事業の実績が全くないためにこのような分析が行えません。同業他社のこれまでの実績を基にして条件を決めたり、経営者の質や技術水準や商品の需要の予測などの決算数字に表れない定性的な分析により融資の条件を決めていかざるを得ません。ただ、金融機関は資金を供給することによって産業を育成するという使命がありますので、前例がなくとも起業したい所に対しても資金供給を通じて社会貢献していかなければならないと考えております。

↑PAGE TOP

© Copyright 金融会社とはなにか学ぼう. All rights reserved.